ホーム>姿勢診断>妊娠中や産後の骨盤矯正の重要性
姿勢診断

妊娠中や産後の骨盤矯正の重要性

妊娠中や産後の骨盤矯正の重要性骨盤だけではなく身体全体に大きな負担となるお産。妊娠する前から身体の手入れをしておくことが最も良いことではありますが、お腹が大きくなるにつれて、はじめて激しい腰痛や様々な症状を感じるようになるというケースは決して珍しいことではありません。
お腹の中の赤ちゃんにとっても、お母さんの歪んだ骨盤や姿勢の影響は大きく受けることとなり、逆子や早産になる可能性も出てきてしまいます。妊娠して症状が出てしまってからでも施術は行えます。お産に備えて身体のメンテナンスをしっかりしておけば難産になりにくく、母子共に楽なお産に挑めるはずです。また、産後に広がってしまった骨盤をそのままにしておくと、肥満や病気の原因となるだけではなく、姿勢が崩れやすくなりイライラや鬱といった精神的悪影響により、育児に疲れやすくなり、お子様やご家族の方にきつく当たってしまうなどといった家庭不和の危険性すら起こりえる話なのです。産後の骨盤矯正は、見た目以上に重要な要素が非常に多いということがいえます。