ホーム>日比整体TOKYO院長ブログ>ブログ>骨盤と自律神経
ブログ

骨盤と自律神経

今日は骨盤の面白いお話。

以前、骨盤は自律神経の働きと密接に繋がり、開閉を繰り返しているということをご説明させていただきました。

骨盤は朝起きた時に最大に引き締まっていて、夜に向けてだんだん緩んできて、熟睡している時には最大に緩みます。

なので、朝に目が覚めにくい人、夜になっても眠たくならない人というのは骨盤の弾力と開閉する力が弱く、自律神経が正常に働くことのできない身体になっているかもしれません。

また、骨盤が最大に開く熟睡時には身体の免疫システムが最大に活発化され、病気や疲労を回復させてくれているのです。

なので、僕たちは病気になると寝て治そうとするんですね。

それから、男性は女性よりも骨盤のコントロールが下手です。

女性は無駄話?(だれかに話を聞いてもらう)などをして頭と骨盤の緊張状態を解放させることができるのですが、

女性に比べ男性は無駄話をするのがあまり得意ではないため、晩酌(アルコールの力を借りて)をしてリラックスさせようとします。

女性の無駄話も、男性の晩酌も、実は大切な身体の欲求だったりするのです。

副交感神経が優位な状態を作る為にという大義名分を武器に、飲み過ぎないように注意はしてくださいね(笑)

『今日~は1日がんばったぞ!』という思いが強い時でも、深酒などをせず健康的なリラックス法がいくつかあるといいですよね。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.best-condition.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/168