ホーム>日比整体TOKYO院長ブログ>ブログ>メキシカン・クルーズ ~その1~
ブログ

メキシカン・クルーズ ~その1~

先日も書きましたが、マヤ暦が終わってしまう2011年12月21日の最終章(第九章)

の始まり3月9日を祝うイベントに行ってまいりました。

 

3月11日、僕たちは日本で起こった大惨事をメキシコ湾の船の上で聞きました。

テレビで見る信じられない光景に大変大きなショックを受けました。

 

ツアー中、「これからの新しい時代は日本が中心となって世の中を変えていく」という話があったり、災害後のセミナーでは必ずといって良いほど、世界各国の皆様が日本のためにお祈りをしてくれたりしました。

 

帰国してから「今、自分にできること」を冷静に考え行動しようとしています。

今回のツアーは、自分(自分たち)の役目を認識するために導かれたのだと思えてなりません。

 

このツアーレポートをみて、不愉快な気持ちになられる方がいらっしゃるかもしれません。 しかし、僕たちは今回のツアーを通じて意識が一つになり、素晴らしい時間を過ごすことのできた様々な経験や、いただいた沢山のエネルギーを今後は皆様のために尽力させていただきたいと思っております。

 

一部、この時期には不謹慎と思われるような内容が含まれているかもしれませんが、包み隠さず出来る限りご報告させていただきます。

 

 シカゴから、越山雅代さん、ビル・モンローさんと奥様のキャシーさん。

シアトルから、さとみワトソンさん(今回のツアーコーディネーター)

日本から、金寄靖水先生、二宮友綱先生、前田出さんと奥様の弘子さん、平川明子さん、田村摩由里さん、山代絢子さん、岡安美智代さん、日比良王主の13名がロサンゼルス空港に集合しました。

ここから、後ろの青いバンに乗って港に移動します(約30分)

 

 船でメキシコに渡るため、船に乗り込む前に申請手続きを済ませないといけません。

初めての経験です。

 

 

 1時間ほど行列で待たされ、セキュリティーチェックを通れば、

いよいよ乗船です。

 

 

 これが今回の客船。

想像以上にご立派!!

 

乗客2200名と従業員1300名の計3500名のうち、今回のセミナー参加者は約200名。セミナー参加者の証であるリストバンドを付けてもらったら、部屋に戻って休憩~とは行かず、直ぐにイベントが始まります。日本人の参加者は僕たちのみ。

 

廊下の終わりを肉眼で確認することが出来ないほどこの船は長いです。

 

船内があまりにも広いので、迷子にならないようにと、色々と確認です。

 

 そんな中、突然ダニオンが現れました。

ダニオンは1975年、今から36年前に雷に打たれ全身丸こげになり、3度も臨死体験をし、あちらの世界で将来起きる114の世界の重大事件を見せられたり、命の循環(輪廻転生)を理解し、負傷して死に行く行く退役軍人の方に26,000時間もベッドサイドで奉仕活動をしてきたりと、とてもスピリチュアルな方なのです。

そんな彼が僕らのグループを見つけると挨拶もせず一人ずつ超熱烈なハグをしてくれました。 ダニオンは雅代さんのことを「家族」と呼んでいる親友で、今回のゲストスピーカーの1人でもあります。彼の紹介のお陰で、今回このツアーに参加することができました。

 

ここはこの船のロビーでしょうか。

常にバンドやピアノの演奏がありました。

 

 避難訓練のため僕らは劇場に集められたのですが、船内とは思えないほど超ゴージャス!!

 

 日本ではなんにも楽しくない避難訓練ですが、ほんのちょっとだけユーモアがあり、「それでは解散~」という時には歓喜や拍手が。

 

 船内では支払いもIDもルームキーも、このカード1枚で全てまかなえてしまうシステムで、一人一枚ずつ渡されました。無くさないようにしないと。。。

 

 船内のインフォメーションが済んだら直ぐに会場を移して、今回のゲストスピーカー方(20名程)の自己紹介です。

世界中からサイキック、ヒーラー、歴史学者、ニューエイジの専門家達が大集合したセミナーで、滞在中、聞きたいセミナーの予定にあわせて行動しなければいけません。

通訳は雅代さん、さとみさんが担当してくれました。

 

さすがに、お腹はぺこぺこ、のどはカラカラ。

や~っとディナータイムです。

船内のいくつかのレストランではアルコール類等を除き、食べ放題になっているので料金を全く気にせず好きなだけオーダーできます。

 

 この時、お腹が空きすぎて写真を撮り忘れています。。。

でも、こんな感じの料理が沢山出てきました。

これはベジタブルカレー。

 

 チキンのなんたら。。。

一流レストラン並の料理は何を食べても超~おいしい!!

 

 これが今回過ごした部屋の様子。

 

ルームメイトの二宮先生とは毎晩遅くまで語らいました。

 

 寝る前にセミナーを一つ聞いて、

これでやっと長い長い初日が終了~。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.best-condition.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/106

コメントする