ホーム>日比整体TOKYO院長ブログ>2010年1月

2010年1月

シカゴレポート

タクシーに置き忘れてしまったカメラの入ったバッグはまだ出てきませんが、 現地でカメラのSDカードを差し替えたため、ちょこっとだけ写真がありました。 ちなみに、僕は普段はあまり怒ったりすることが無いのですが、なぜタクシーの運転手にカッと来たかというと、 実はその運転手には乗車前から嫌な態度を取られていたからです。 大きなスーツケースを車のトランクに入れようとした時、運転手さんが急いで車から降りてきたので、バッグを変な所にぶつけたりして車を傷つけられたくないのかなと思い、トランクにしまう作業を任せていたら、『そっち持ってよ!!』とめちゃくちゃデカイ声で怒鳴られ、何でそんなに強く言われなければいけないのか?とその運転手に疑問を感じながら乗車していたので、800円と請求された時に、『こりゃ、いっちょ文句を言っておかないかんな』と思って、半分義務感で怒ってたワケです。 たかが90円ぐらいのことで怒ったりしませんよ(笑) さて、写真ですが貴重な数少ない写真しかありませんので、上手く取れていない写真もアップしてしまいますね。 何となく雰囲気だけでもお伝えできればいいのですが。

 機内食です。 僕のために雅代さんがベジタリアンメニューをオーダーしてくれていたおかげで、皆よりも先に配られてラッキーなのですが、カレー、カレー、カレーで、カレーしか出てきませんでしたにひひ
 

行きにマイケル・ジャクソンの『This is it』がやってましたドキドキ DVDも予約しているので、こんな小さなモニターで観るのは勿体ないかな?と思ったりしたのですが、覗き見をしたら最後、釘付け目 2回も観てしまいました。 

シアトルで乗り継ぎ、シカゴに到着です。 

シカゴの空港はとても大きいので、車をどこに停めたか分かりやすくするため、各フロアーにスポーツチームの名前がついていました。 公共の施設でもユーモアたっぷりで、アメリカ大好きです。 

 

今回の宿泊先、雅代さんの住むコンドミニアム(日本で言うマンション)の施設には、スーパーマーケットまでありました。 

これはコンドミニアムの施設内にあるランドリールーム。 めちゃくちゃ広いし、とてもキレイ。 

洗濯している人のための待合スペースには大型テレビまで。 住んでいる人がとても快適に過ごせるように、親切で合理的な設備が整っています。  プールだってとても立派。  ジムも24時間使えます。 写真には無いですが、もっともっと広いです。 

 

こちらが、雅代さんの部屋から見た景色。 正面にミシガン湖、左には摩天楼が一望できます。

 僕たちが到着した時はヨットハーバーが凍ってました。 -18℃だから冷凍庫の中にいるのと同じですね。 
 
毎回、栄養たっぷり、無駄なくスピーディーで身体が喜ぶ美味しい雅代さんのクリエイティブ料理をご馳走になりました。 これはクランベリーのジャムを一緒に行ったメンバーのみほ子さんが、雅代さんに教わりながら作っているところ。 まるで心霊写真のように写ってしまいましたが、オーブンレンジに写り込んでしまっているのは一緒に行ったメンバーのとよみさんですにひひ 
雅代さんがベジタリアンの僕に合わせて、毎回野菜たっぷりの料理をご用意してくださいました。 野菜だけでもこんなにご馳走が並ぶんです、しかも本当に美味しいものばかり。 右に写っている水島さんは、あれだけ食べていたにもかかわらず、体重が減ったことに驚いていました。 
 
朝は皆で1時間ほどたっぷり時間をかけてエゴスキューです。 優雅な景色と音楽で至福のひと時です。 
 
シカゴは建築の町と言われるほど、芸術的な建物が町中に見られます。 写真にはありませんが、刑務所だって中で生活したくなるほどカッコイイ。 
 
ここがシカゴのエゴスキュー・クリニック。 3階の窓にペイン・フリーの看板が出ています。 
中に入るとこんな感じ。 オンラインセラピーやパッチも出来ます。 
 
現地のセラピスト、マッキーにとよみさんがカウンセリングを受けている所。 左に写っている雅代さんは僕たちに英語を教えつつ通訳をしてくれます。 
マッキーは、カウンセリング、姿勢分析、ゲート(歩き方)などをして、その人に必要なメニューを組み立ててました。 質問したことにも的確に答えてくれて、非常に勉強になりました。 マッキーのような素晴らしいセラピストに少しでも近づきたいですね。
 
人生で最大の学びを経験させていただいた今回の研修でしたが、帰りのタクシーでカメラの入ったバックを置き忘れるというはハプニングのせいで、写真が初日の分しかありませんが、バッグが見つかり次第すぐにアップしますので、バッグが出てくることを祈っていてくださいしょぼん自分がナサケナイ。。。

最後の最後でやってしまった。。。

昨夜、シカゴ研修から帰ってまいりました。 ずっと気を張って研修を受けていて、長年の病気はなりを潜めていたのですが、自宅までのタクシー内でとうとう発作が出てしまいました汗 その発作とは、、、 僕は何を隠そう、筋金入りの『忘れん坊症候群』という重い病気を患っているのです。 自分でも、ほとほと情けなくなりますガーン 昨夜は通常ワンメーター(710円)の距離を、800円の請求を受けたので、カッとして運転手に文句を言っていたらカメラの入った手提げかばんを車内に置き忘れてしまいました。 すぐそのことには気がついたのですが、レシートも貰っていなかったので連絡がつかず、東京タクシーセンターと言う所と近くの交番に遺失届けを出しにいきました。 なので、今回のシカゴレポートは、しばらくお待ちください。 楽しみにしてくださっている皆様、本当に申し訳ございません。 でも、運転手に嫌なことを言ったので、ひょっとしたら届けてくれない可能性もありますよね。 父ちゃんの帰りを楽しみにしていてくれた子供に、すぐお土産をが渡せるようにと、あえてスーツケースにしまわなかったおもちゃが入っていたのに。。。 息子よ、こんな父ちゃんを許してくれ。 そして、オレを反面教師にして、しっかり者と呼ばれる大人になるんだぞむかっ あああああああああ・・・・・・・・本当に情けないしょぼん P.S. そういえば、シカゴで僕の人生を変えてくれたビル・モンローさんに会って手相を見ていただきました。 雅代さんが忘れん坊のことも聞いたらといって見てもらったのですが、『完全に忘れてしまっているわけではなく、イメージでは覚えているといわれ』、確かに思い出すことは出来るので本当のアホではなさそうです。 あれ、なんか慰めになってない。。。むっ

2010年 最初のビッグイベント

昨年末から非常に楽しみにしていたシカゴ研修が、 いよいよ明日から始まりまーすドキドキ 最大の目的はエゴスキューのスキルアップですが、何でもスケールのでっかいアメリカの文化に少しでも触れ、日本人特有の凝り固まった固定観念を崩して爆弾帰ってきたいと思っています。 そんな自由な発想も何もかもが大・大・大・好きなアメリカなのですが、今回訪問するシカゴは-12~13℃叫びという今までに経験したことの無い極寒の環境も、自分の心の中にある小さな枠から一歩外に出られる気がして非常に楽しみですキラキラ とにかく、吸収できるものは全て吸収して、学んできたことを個人セラピーや美容矯正などにも生かし、出来るだけ多くの方のお役に立てるよう勉強してくるつもりでおります。 ブログの更新は多分ですが、帰国してから(16日以降)になると思います。 写真もまたたっぷり撮って、こちらでもアップする予定でいますので、楽しみに待っていてくださいねべーっだ! それでは、 行ってまいりまーす走る人DASH!

新年、明けましておめでとうございます

今回は、人生初の『一人正月』を迎えております。 嫁と子供は年末から実家(愛知)に里帰りをしており、 僕はつかの間の独身貴族を満喫しているわけです。 なぜ、一人ぼっちでお正月を迎えているかと言うと、年明け早々にエゴスキューの研修の為、シカゴのクリニックに行く事となっているのです。 その為、色々と準備をしたり、予習をしたりするつもりでいたのですが、年末は大掃除に心を奪われてしまいました(痛)

こちらは、自宅の窓から撮影した初日の出です。 昨夜のお月様といい、今朝のお天道様といい、とても見事な晴れ空に姿を現してくれました。 しっかりとエネルギーチャージをさせていただいたのは言うまでも無いのですが、自然と手を合わせたくなるような素直な気持ちにさせていただきました。 さて、元旦は『これをしよう』とずっと楽しみにしていたことがあります! それは、 『マイケル・ジャクソンのDVDを観まくる』です。 世界中を歌とダンスで癒そうとする、誰にもマネの出来ないパフォーマンスを観ると涙が込み上げて止まらなくなります。 僕の目からもティッシュボックス1箱分の涙と鼻水があふれ出てしまい、明日は間違いなくサングラスをかけなければいければいけなくなりました。 いま、もう既に目が開きません(笑) 休みじゃなければ出来なかったこと。 『マイケルを観て、心を洗う』 僕もマイケル・ジャクソンのような強い心を持ったスーパーヒーラーになりたいと、心に強く願うサイコーの元日となりました。