ホーム>日比整体TOKYO院長ブログ>2009年11月

2009年11月

移転しました

転を決めてから、ほぼ1ヶ月の間で拠点を移すことが出来ました。 場所は以前と同じ錦糸町ですが、オリナスの目の前ということで、環境は以前の場所よりも良くなりました。 たまたま偶然だったのですが、心身ともにリフレッシュしなければいけない状況になっていまして、いっぱい良いと言われていることを色々やりました。 ある神社でご祈祷をしてもらいに行ったり、大阪から風水の先生をお呼び立てして気の調整をしてもらったり、とにかく、今、気のせいとだと思うのが難しい程スッキリしています。 今回の移転と共に、僕も生まれ変わったような、初めて体験するものすごく清々しい感覚を味わっています。 施術者なら理解できると思うのですが、正直なことを言うと、今まで一生懸命仕事をしているとエネルギーを吸い取られるような感覚になっていたんです。 それが今は、溢れ出すエネルギーを使わないともったいないといった感じで、全ての面でバランスよくゆとりが出来た感覚です。 今回ほど目に見えない世界の力を見せ付けられたことはありませんね。 『再出発?』 『生まれ変わり?』 適切な言葉が思い浮かびませんが、リニューアルした院内の写真を撮りました。 

 

看板も新デザインでリニューアル 

 

施術用の布団は丸八真綿さんの健康布団に切り替えました。 横になるとかなり気持ちが良いです。 こちらは、また後日ご紹介いたします。(超お勧めなので)

 

脱衣所 兼 洗面所 家具の設置やタイル貼りとかは自分でしましたが、なにせ時間が無かったので結構大変でした(汗)

 

玄関の照明。 最初、照明器具を取り付けるシーリングソケットが無かったので、ここも工事が必要だったりして。

 

受付のカウンターテーブル。 この赤は僕にとって幸運の色です。 ここから人生の第二章が始まる気がして仕方がありません。 いつも応援してくださる皆様、 皆様のお役に立てる人間になれるよう一生懸命努力いたしますので、 これからもどうぞよろしくお願い致します。

移転先 住所:東京都墨田区太平3-4-7 LIBERA若草 60B 電話:03-5608-8318 日比整体TOKYO

タダほど価値のあるものはない

先日、あるクライアントさんからこんな事を教えていただきました。  『日光浴をするといい』 何にいいかというと、たとえば何かに憑依された時。 信じる、信じない、本当か、嘘か、などは抜きにして、 僕みたいな人の身体に触れる施術業などをしている場合、患者さんやクライアントさんから『悪い気』のようなものを受け取ってしまうことがあります。 僕は、結構もらってしまいます。 それをもらってしまうと、僕の場合鬱っぽくなります。 強い倦怠感や、ネガティブな感情に潰されそうになります。 楽しいことがどんな事だったのかが分からなくなり、 何をやってもつまらないし、笑えない、しゃべりたくない、面倒くさい、と悪い方へとどんどん引き込まれて行きます。 要するに鬱病です。 そんな時、日光浴をすれば直ぐに回復できるという情報を聞き、 『そりゃ~そうだ!』と妙に納得しました。 例えば、働いている人たちを見ても、朝から晩までずっと机の前で作業をしている人と、外で作業をしている人。 例えば、天候が悪く晴れの日が少ない国に住んでいる人と、年がら年中、天気がいい国で暮らしている人。 シンプルに考えて、鬱になりやすいおはどちらでしょうか? ぼくらは、なぜ日当たりのいい家に住みたいと思うでしょうか? インドアとアウトドアではどちらがストレスを発散しやすいでしょうか? 日焼けしている人のほうが健康的に見える理由とは? 実際に、曇りや雨の多い国にはうつ病による自殺率が高いという報告もあります。 この地で太陽の光を必要としないで生きていける生物って、それほど数多くはないと思います。 ウチで飼っているワンコだって、真夏のどんなに熱い日にも必ず、必ず、日光浴をします。 しかも、それは決まって朝です。 なぜ、朝なのか。。。 太陽エネルギーの強さって。。。 まぁ難しいことは抜きにして、 太陽の匂いがする空気をいっぱい吸って、悪い気を吐き出し呼吸をすれば、それだけで気分がよくなる気がします。 太陽というありがたいエネルギーにあやかって、心から感謝しながら、ぽかぽかと日向ぼっこをするのって、めちゃくちゃ大切なことかもしれません。 最近、紫外線から受ける悪い影響ばかりが目立っている日の光ですが、『おてんと様のおかげで』ということを考えると、とてもありがたいし、利用しなければ勿体ないわけです。 今回は、いつも当たり前のように、自然に存在しているものの価値に気がつくことの出来た、とても面白い勉強をさせていただくことができました。 アドバイスしてくださいましたTさんご夫妻には、いつも良くしていただき、とても感謝しております。

逆、浦島太郎

昨日、不思議なことがありました。 職場でメインに使っている時計が、丁度1時間ぴったりで遅れたんです。 そのおかげで、 『あれ?なんでこの人、この時間に来るんだろう??』などと勘違いが起こります。 『アポの時間、こっちの勘違いだったかな?? ま、いっか』と誤魔化していたのですが、めちゃくちゃ気持ち悪いです。 時計の針が昨夜の18:00~20:00の間で狂ったことも分かっていたのですが、なんでこんな不思議なことが起こったのかは分かりません。 気が付いた時点ですぐに直せば良かったのですが、何せ丁度1時間ぴったりでずれているもんだから、狂っていることにも気付きにくく、今日を迎えてしまったわけです。 さっき時計の針を1時間早めて正確な時間に戻したのですが、何だか1時間のタイムラグが気持ち悪くてしょうがないにひひ 皆よりも1時間遅れて行動をとっていたのに、職場にいる間全く気が付けず、お腹が空く時間もいつもと変わりませんでした。 今回はまんまと裏切られてしまったのですが、 僕が時計に対する信頼度が、相当高い!ってことは分かりました。 いや~それにしても思い込みって怖いですね。 まいった、まいったにひひ 朝、なかなか起きれない人を簡単に起こすのには最高の方法かもしれません。 ※カミングアウトした瞬間、間違いなく怒られると思うけど(笑)