ホーム>日比整体TOKYO院長ブログ>ブログ>エゴスキュー・キャンプ ザ・パッチ!!
ブログ

エゴスキュー・キャンプ ザ・パッチ!!

行って参りました、 エゴスキュージャパン初の大イベント。 『エゴスキュー・キャンプ in 尾瀬』 7月19日、20日の二日間に渡り、エゴスキュー本部(サンディエゴ)から最高指導者のブライアン・ブラッドリー氏を招いて子供からお年寄りまでで、みんなで楽しく遊んで健康になってしまおう!みたいなイベントです。 通常のエゴスキューとは違い、屋外で丸太や木の切り株みたいのものを使って普段使われていない筋肉を『再教育する』というものをパッチと呼んでいます。 僕はサンディエゴでこのパッチを行った時に、長年苦しんで辛くてしょうがなかった肩こりが一瞬にして消え去った経験を持っていたので、今回の参加は楽しみで楽しみで仕方がありませんでした音譜 今回も写真をたくさん撮ってきました。 ※参加された皆さんへ もし写真掲載不可の方がいらっしゃいましたら直ちに削除いたしますので、恐れ入りますが下記のアドレスまで『写真掲載不可』とメールを頂けますよう、宜しくお願い致します。 raosu@arion.ocn.ne.jp 

 

出発前、バスの運転手さんたちと交通渋滞を心配して話している宮崎さん。 3連休でしたからね。 

しかし、以外にもスムーズに走ることが出来、安堵の表情を見せる宮崎さんと芳野さん。(途中サービスエリアで昼食) 

やれやれ、大きな渋滞も無く順調に到着しました~! 休む間もなく、淡々と準備を進める『とっつぁん』の愛称で親しまれている水島さん 

 

さぁ、皆さん着替えを済ませたらパッチ会場に集合です。 黄色のカッパを着た子を背負っているのは、今回のスペシャル講師ブライアン!  撮影スタッフも広いフィールドを行ったり来たり。 ちょっと大変そうでした。  雅代さんも国内初のイベントにワクワクドキドキドキドキといったご様子。

 

今回、会場をご用意していただいた星野裕子さん(右端)、佐藤幸子さん姉妹。 わざわざこの日のために丸太の設営までご準備いただきました。 本当にありがとうございます。 

 

挨拶が済んだところで、早速『やろうぜ!』って感じですが、 先ずは準備体操から! スタンディング・アーム・サークル『75回』ってウソでしょブライアン!? 

一人ひとり丁寧に指導していきます。 さすがブライアン。  ブライアンの履いている靴、5本指なのお分かりですか? 彼はこんな靴を履いて都内の電車などでも移動します。 

 

子供の身体は本当に柔らかいですね。 キャッツ&ドッグスのキャッツのポーズ。 頭がお尻に届きそう叫び 

 

いよいよパッチの開始です! 意外と簡単そうに見えるでしょ? 実は見た目以上に大変なんです、こんなことが。 

 

見てください、皆さんのこの真剣な表情を。 次に自分が出来るかどうかドキドキしているんだと思いますョニコニコ 

子供は何も言われなくてもパッチをはじめます。 そうです、『パッチ』イコール『遊び』なんですね。 子供の時のように、遊びの中から身体の機能を高めていくように考えて作られているんです。 だから楽しくないわけがありませんよね。 

こんなにも空気が澄んだところで、オモイッキリ身体を動かすんですから、気持ちがいいって言ったらありません。 身体を動かすことで自然と皆さんの表情も緩んでいきます。 

 

さて、雨が少し降り出してきたので早めの夕食を取ることになりました。 イワナを焼くフリをするサヤカさん。 今回、彼女の身体能力の高さには驚かされました。 さすが元ボクサー 

今夜はバイキングナイフとフォーク 美味しい野菜もお肉もたっぷり用意されていました。 

日本食が大好きなブライアン。 お箸を持つ手も慣れてますね。 左から2番目、シアトルから菊地みどりさんも参加してくださいました。 ブライアンの通訳はもちろんのこと、盛り上げ役としても大活躍です。 でも、このメンバーでは通訳は必要ないですね(全員英語で会話してました)

参加者の皆さん方も和気藹々。 僕が盛り上げるまでも無く、勝手に盛り上がっていましたにひひ

と言うわけで、僕は勝手に一人で盛り上がっちゃおしょぼん 

 

食事のあとは、みんなで自己紹介&体験談発表会 雅代メソッドを実践して人生が大好転している方ばかかり。 皆さんのお話に比べたら僕の経験した体験談なんてかわいいモンです。 今回、タレントの清水国明さんもご夫婦でご参加くださいましたが、清水さんも脅威の体験をされた方の中のおひとり。 楽しいお話を有難うございました! そして『このあと、天然温泉に入ってゆっくり休んでください』との事だったんですが、雅代さん一言で会場が大爆笑。 雅代さん : 『お風呂は混浴なの?』 次回に続く

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.best-condition.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/56

コメントする